いちおしのストアカ。THE ストアカ講師成功法!

目安時間13分
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

こんにちは!
お元気ですか?
 

今日は、
講師業をされてるあなたや、

これから何か自分のスキルを人に伝えて

素敵な仕事ができたらいいなぁ~と

スポンサーリンク

思っている方に、いい情報をまもとめましたので、

うまく活用して頂ければと思います。

 

全人類必読の情報です!

 

今、こういうコロナ禍になって、

大きくオンラインでのビジネスに舵を切っている

個人起業家の方や講師業、先生業の方も多い

と思います。

 

 

別に先生業でなくても、

例えば社会保険労務士で社会保険や

労務関係に関していい知識やスキルを
誰かに教えたいとか、

 

 

料理の得意な主婦が自分の得意な料理を

オンラインで教えてあげたいとか、

美大生が、自分の得意で好きな絵画の

技術やストーリーを誰かに教えて、

仕事にしたいなぁとか、

色んな働き方のアイデアや可能性が、

日本にでてきました。

 

 

コロナ禍で正直、肉体的苦痛よりも

経済面や精神面での苦痛

の方が大きい方も多いと思います。

 

 

そんな中で、

今、熱く注目を集めているのが、

「ストアカ」

学びたい人と教えたい人をつないでくれる

広場のような学校のようなプラットフォームです。

 

 

どうしてもSNSだけだと、

1から認知や集客してもらうのは大変ですが、

最初からそういう人が集まっている広場みたいな

学校みたいなネット上のプラットフォームが

あれば、ありがたいですよね。
 

 

参考までにストアカさんのHPからですが、
累計受講数

なんと累計受講者数は77万人を突破!

 

 

 

累計講師・主催団体登録数

そして、先生も3万6603人もいます!!
 

 

すごいボリュームですね。(笑)
 

 

是非、あなたもここに乗っかって

何かあなたの得意なことや好きなことを

人に教えてあげて、ちょっとしたお仕事に

することをおススメ致します。

 

 

あなたの仕事。

新しい可能性。

生きがい、働きがいになると思いますよ~(笑)

 

 

もちろん初めからすごい収入が得られるわけでは

ないですが、こういうきちんとした社会的にも

評価されている企業、ストアカさんの中で、

色んな便利な機能を使わせてもらいながら、

自分のお仕事の可能性を

追い求めていくって、

夢があって素敵じゃないですか。。。

(^^♪

 

 

 

社長、創業者の藤本さんも、
スタンフォード大学で

MBAを取得した
究極の高学歴のキレモノ。
2012年7月、
教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット
「ストリートアカデミー(現:ストアカ)」
を立ち上げたとのこと。 

 

 

その社長の藤本さんがストアカ講師として

成功するいくつかの方法、ポイントをお話

されていたので、少し、僕の所見もつけさせて

頂きながら、みなさんのお役に立ちたいと思います。

 

 

この「ストアカ」

実はすごい可能性を秘めた「学びの場」で

「仕事の場」なのです。

 

 

実際はそんなことは起こらないんですけど

例えでいうと、

日本中の学習塾や大学が

全部なくなって、ストアカの中でそれぞれが

教えあう学びあう場になってもいいくらいの

インパクトのあるプラットフォームなのです。

 

超優良企業として、

アジアを代表する会社として、

間違いなく東証、NY証券取引所に

上場する潜在能力を持つ会社です。

 

 

 

それに、昔、英語や数学や社会など

教えていた先生もこのプラットフォームに乗っかれば、

60歳の定年を過ぎても全国の子供たちや、

その知識を求める誰かに、教えることで

また働けるのです。

 

すごくないですか???

 

 

 

もしくは。

 

 

今、例えば銀行業がリストラなどで

苦しいみたいですが、そこで働いていたお父さんが、

自分の体験や知識知見を活かして、
金融や融資の仕組みを中小企業の社長や担当者に

講座講義にして教えてあげることが可能なのです!

 

 

すごいことですよ。。。

これは。

もちろん、勝手に誰でも何かを始めることが

できるのですが、
難しいのがやはり集客です。

ズバリ、生徒さん集めですね。

これを自分で全国から生徒さんを

集めようとすると、非常に難しいのが現実。

 

 

でも、ストアカさんみたいな、

社会的に信用もあって、
すぐれた仕組み(宣伝、集客、カード決済等)
があれば、
やはり利用させていただくべき

です。

 

 

だから、そこのあなた。

YOU!

 

今日からこの仕組みをいかして、

スタートしましょう。

そして、講座をはじめている方は

下記の、藤本社長の成功のコツを

今一度、確認しながら頑張ってください。

 

 

是非、はっと気づいたところは、

手帳などにメモして、すぐに自分の仕事に

講座にいかしてくださいね。

またここに是非、あなただけの成功法則も

つけたして、飛躍してください!

 

 

行動が大事!

 

では、ストアカ講座必勝法です!!

 

【講座の企画・集客。

 楽しく魅力的に映っているか???】


①初めての講座はマンツーマンか少人数で開催!
(まずは一点集中満足度を上げて、

 レビューを稼いでバッチをとっていく!)

②一方的なセミナーにはしない
(ワーク/やりとり、体験の設計必要。相手にも話させる!!)

③お土産を用意する
(講座が終わった後も心に残る満足度が上がるものをお土産に)

④タイトルはシンプルでわかりやすく
(相手にズバッと響くわかりやすいタイトルで。

 SEO過剰単語は✖)

⑤講座内容はシンプルでわかりやすく、丁寧に
(相手のことを考えて優しく、

 丁寧に、難しすぎるのも✖。歓迎してあげる)

⑥魅力的な画像(購入するかとってもらう)
(ださいのは✖。

 プロに頼んででもキレイな見栄えのいいものをとってもらう)
(プロフィール写真は特に注意!好感が持てる、きれいな画像で!)

⑦自己紹介(ちゃんと、丁寧に、魅力的に!)
(講師の人柄、魅力、好感度、プロっぽさ、人間性、全て重要!)

⑧差別化して自分が埋もれないようにする!
(その他多くに埋もれないように!講座の早朝深夜開催・誰のために・

 自分自身の差別化、自分自身の思い・物語等の発信)

(子供向けビジネスセミナーもあり)

 
 
【講座の開催当日にできること
 (心遣い、思いやり気遣い)が大事!】


⑨開催前に挨拶・ご案内を送る
(講座開催前にストアカも事前発信しているが、

 あなたのぬくもりのある、メッセージを送る。)

⑩資料は事前に送る
(安心感/プレゼント/GIVEの心)
(万が一接続トラブルでできなくっても、

 別日程でやりましょうねという担保と安心の材料を渡しておく)

⑪リハーサルを事前にする

(すごい重要。当日失敗しないように)
⑫ZOOMは開始前30分には開放する
(雑談ができるのもメリット、

 PC・ZOOMが立ち上がるのが遅かった時にあせらないように)

⑬アイスブレイクから会話はスタート
(緊張を解く/ラポールがけ。出来る講師はココが上手い)
(最近~、昨日~、調子はどうですか?、大谷選手見てますかなど?)

⑭答えやすい質問で会話のキャッチボールを意図的に作る

(一方的な会話は✖。生徒の満足度が低くなる。集中力も切れてしまう。)

⑮生徒にフィードバックを提供する

(褒める/相手の自己重要感を満たす。ここ重要!)
(「いいですね~」「さすがですね」「よくできていますね」など)

⑯ZOOM退出は質問に答え切ってから
(一回講座を閉じて、その後、質問タイムをしっかりとる。)

⑰終わった後はお礼とお土産を忘れずに

(講座の動画や、プラスの資料、写真など、講評考察でもOK)
(講座の満足度を必ず上げて終える)

 


【初回の講座開催後、

  継続してできること】


⑱出品の仕方、見せ方研究
(成功している講座を色んな角度から見ていく研究。

 写真・キャッチ・色合い・デザイン・文章)
⑲商品設計は幅広く小刻みに幅広く試す
(日程・時間帯・価格)

 ダブルブッキング、スケジュール管理に注意!!
⑳生徒からもらう感想や要望を反映して進化させる
(終わりのない改善で講座をブラッシュアップさせる)

 

いずれもお客様目線で、

お客様のことを考えて、

愛情をもって!

ということですね。

 

 

 

でも、
やはり、こんなに素晴らしい
ストアカにも1つ欠点があります。

それは、

「ストアカの人気がありすぎて、

 あなたのライバルも多く、

 あなたの講座が埋もれてしまう

という非情な現実です。

 

 

現実はいつも厳しい。。。

(≧▽≦)

 

希少性は価値の源泉

 

といいますが、ここ、

資本主義社会の最大のボトルネックです。

全ての起業家がこの「差別化戦略」で

多かれ少なかれ悩むことが殆どです。

 

 

次回は、この大問題に関して、

言及していきたいと思います。 

 

僕のストアカ講座です。

是非、僕に会いに来てください(^^♪

あなたが会いに来てくれるのを

楽しみにしてます!

 

スポンサーリンク

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 この記事に関連する記事一覧

 コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

スポンサーリンク

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ