ハンドメイド業界の売上アップ法と、コロナ禍経済脱出法②

目安時間11分
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

前回、ハンドメイド作家業界の方や
個人起業家、中小零細企業が、
売上を上げるためには、
  

 

 

≪あなたが売り上げを上げるコツ≫    

スポンサーリンク

   

①差別化、区別化戦略

②心と心がつながるラポール戦略

③高単価戦略

 

 

と伝えさせて頂きました。
 

 

また、

どうすれば、
区別化・差別化できるのか?
他のライバルさんたちとどう違いを見せて、
自分を選んでもらえばいいのか?
  

 

 

まず一番カンタンな
その答えは、「
自分を出す」こと
 


とお伝えさせて頂きました。
 

 

 

もちろんあなたが飛びぬけた
商品力がある、
集客力がある、
セールス力があるなら別です。
  

 

その力で売り上げはたっていくでしょうから。

 

 

また、あるコンサルタントは、起業初期や売れてない初期には

自分を出したり、自分を売ったり、世界観を売るのには反対です

と、お話していました。
 
 

 

どちらが正しいのでしょうか?

 

 

 

僕は、売れていなくて困っているなら
全てチャレンジしてみるべきだと考えます。
 

 

 

セールスの本質的な心理として、
人にひかれて買っていくケースや、
人の醸し出す雰囲気や世界観で買っていくケースって
絶対にあるからです。
 

 

音楽家、ミュージシャンでも売れてなくても

デビューしたてでも、その世界観に触れて、
その人の発するメロディや歌詞にひかれて、
その人のCDを買ったり商品を買ったりということは
往々にしてあるものです。
 

 

 

でも顔出し、名前出しをしたくない場合は、
どうすればいいでしょうか?
 

 

 

その場合は、顔出ししなくてもいいと思います。
売るためにはトライしてみるべきと思いますが、
マイナスイメージのまま苦しいことはやめといた
ほうがいい。(笑)
 
名前だしは、嫌ならビジネスネームでもいいと思います。

 

 

ただ、その人の人柄やストーリー、ヒストリーが
見えたほうが、人は心がうたれたり、
共感共鳴して、あなたから商品/サービスは買いやすく
なっていくのは事実です。

 

 

でも多くのハンドメイド業界や、
他の業界の中小零細企業経営者、
起業家があまり顔出ししていない中で、
あえて顔出ししてみるというのは、

多くの顧客の信頼の獲得に役立つでしょう。

 

 

そして多かれ少なかれ、

そういう時代(人間性を売る時代)
にますますなってくるでしょう。

 

 

ですから、なるべくチャレンジしてください。

といいつつ、

中には、ちょっと見ていて鬱陶しいくらい、

自分が!!!!と自分を前面にだしすぎている
かたもいます。

 

 

 

いずれにしても、自分をキラキラ装っても、

お金持ち風に装ってっも、

画期的な方法で成約率が97%と嘘をついても

いずれメッキははがれます。

 

 

素の自分でいましょう。

その方が楽です。(^^♪

僕もいつもホテルのラウンジの写真をのっけて、

高級レストランに行って、

にっこりキラキラのFacebookやインスタを

見ても、なんだか疲れます(笑)。

 

 

自分以外の誰かを装い過ぎても

つかれますよ(笑)。

でも、理想の自分を嘘でなければ、

お洒落して少し演じてみるのも楽しいかもしれませんね。(笑)
それもあなたでしょうから。

 

 

 

さて、売れる3つのコツ 
②心と心がつながるラポール戦略

です。

 

 

 

実は、「自分を出して」差別化区別化するのも、

本質的には、
このお客様との高度な濃い信頼関係を結ぶこと、

つまりラポールをかけていくためなのです。

 

 

 

あなたが心と心が完全につながった、

仲の良い親友や兄弟を思い出してください。

または、理想の誠実なセールスマンを想像してみて下さい。
  

 

 

あなたが心を開いて、
その人を深く信頼している時、
あなたは、その人の人間性、人柄を
しっているはずです。
 

 

知らない人や良く分からない人を

信頼することは難しいです。

 

 

そして、信頼関係が深ければ深いほど、
ラポールがかかっていればいるほど、
人は、その人のことを信じますし、

いうことをきくようになるものです。

 

 

例えば、

よく知ってる、そしてその腕を信じてる
すし屋に入って、そこの大将が、
「今日はいいネタが入りましたよ~

 今日の鯛とぶりと、まぐろは絶対です。
 サザエも最高の甘くて大ぶりなものが
 はいりました、本当、おすすめです!」
と言われれば、
 

 

お金に問題がなければ(笑)、
まあ、すすめられるままに食べてしまうものです。

 

 

 

やはり、信頼関係(ラポール)は大事です。

ですから、あなたも普段から顧客から信頼を得られるように、
自分の考えや価値観を開示して、
各SNSやブログ、YouTubeをやったり、
アナログな方法でも、顧客を思いやって親切にしていく
ことは大切なのです。
 

 

要は、あなた自身で誠実な魅力ある態度で
人に臨み、自分の人間性をやしない、
誰かの手助けをしたり、
誰かの励ましになったり、
誰かに知恵をわけあたえれば、
おのずと、自分の信頼力(信頼残高)は
増えていくものです。
  

 

 

ラポールを築くのにあたって、
1つだけ大事なことをお伝えします。

テクニックであり、本質的なことです。

それは、

 

「相手に理解を示す」です。

 

 

 

    
もし仮に、誰にも理解されていない、
寂しい人、孤独感を感じてる人がいたとしましょう。

会社やクラスでもよくある光景です。

仮にそれがあなただとします。

 

その時温かい言葉を誰かにかけられたら、

あなたはどんな気持ちになるでしょうか? 
心の中に暖炉がついたように嬉しくなるのではないでしょうか。

 

 

誰しも多かれ少なかれ、寂しさや、人に優しくされたい、

認められたい欲求ってあると思います。
僕にもありますし、アナタにもあるはずです。
      

           
恋愛の初期も一生懸命、相手を理解しようとします。

経験ありますか?結婚後はわかりませんが。。。(笑)
例えば、会社で、家庭で、経営者なら部下たちに、

取引先に、理解されなかったときって、
傷つきませんでした?

 

 

 

でも、そんな時、理解を誰かにされたらどうでしょうか?
セールスで成功したかったら、 

相手のことを理解することです。
理解を積極的にしていくのです。

 

   
理解をしようとしたら、自然に質問もでてきますし、

相手の目を見ますし、あいづちもうちますし、
会話も深まってきます。

時には握手やハグもするかもしれません。
   

 

            
結局、それらのテクニックらしきものって、

カンタンに一言でいえば【愛情】なのです。

 

 

 

結論、
②心と心がつながるラポール戦略

相手を理解し、

相手に愛情を是非、しめしてみてください。

 

 

 

理解のない人、

愛情のない冷たい人、

気遣いのない図々しい人、

相手に無関心な人はなかなか売れませんよ。

 

 

 

そして、注意事項ですが、

全員が全員にいい顔はできませんからね(>_<)

あなたの顧客を最優先してください。

あなたから時間や労力を奪う人からは、

はやく立ち去ってください!((+_+))

 

 

 

その【見極め】もセールスや経営の

最大のポイントでもあるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 この記事に関連する記事一覧

 コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

スポンサーリンク

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ