ぎょうざに学ぶ withコロナを乗り越えろ!

目安時間5分
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング
先日、京都祇園の「歩兵」さんで
ぎょうざを食べてきました。 
  

夜の祇園

 
 
 
 
でも、グルメレポートをしたいわけでは
ないのです。
  
 
 
Withコロナの時代の
経営やセールスについて考えていました。 
 
このお店、
夜の9時をすぎて並んでました。
要は人気行列店、
いわゆる儲かってるお店なのです。
そこで、私、わかりました。
Withコロナの経営法。
Withコロナのセールス法。 
 
 
調べたらすごいお店でした。
ミシュランをとるは、
実は従業員6000人規模の
上場会社の沢山ある業態の中の一つだとか。
その会社の会長さん社長さんも
すごく賢そうだ・・・とか。 
 
 
僕が実際ぎょうざを食べて学んだのは2つです。
(もちろんきっと沢山の学びの視点が
 あるとおもうのですが・・・) 
 
 
 
【withコロナ時代の大切なポイント】
 
 
 
①お客さんのニーズ・ウオンツから逆算した商品
 
 ・祇園の舞妓さんたちのお口が臭くならないように
  ニンニクではない生姜メインの商品
 ・普通の半分くらいのサイズで、大口を開けなくてよい
  商品
 ・舞妓さんたちにうけ、拡散。ミシュランもとり

  ブランドに。

おそらくですが舞妓さんや女性の心理として
大口をあけて、ニンニク臭がする餃子をバリバリ
食べる姿を人に見られるのは恥ずかしい~~~
という心理が働いているのではないでしょうか? 

個人的にはそんな舞妓さんの姿は
ほほえましく思うのですが・・・
 
 
 
②コロナ対策でお客さんに店の入り口で手に
 消毒をさせたら、あとはバリバリ営業。
 
 
 
 ・正直、結構混んでました。祇園店、お店も
  小さいです。
  でも、行列ができて、みんなバリバリ餃子
  食べまくっていました。
  あまりコロナだからと言って神経質にならずに
  やることやったら、バリバリ経済を回していました。 
 
 

歩兵さんメニュー表

 
 
 
 そういえば昔、斎藤一人さんが「うつ病」対策で
  ・ピンクの明るい服を着て、
  ・餃子を食べて
  ・ビールを飲んでたら
 
 元気になって、落ち込んでる自分に違和感をもって
 「うつ病」なんかなおっちゃう・・・
 というようなことを言ってました。
 
 
 
 
今、落ち込んでる経営者やセールスマンは、
ピンクの服を着て、ビールを飲んで、
餃子を食べるといいかもしれませんね(笑)。
 
 
 
かくいう私。
 
 
 
営業マン時代に、
よくピンクのシャツを着て
営業頑張っていました。
(実は餃子の王将のぎょうざ倶楽部の会員でした)
なんだか暗い雰囲気が嫌だったからです。
 
 
 
 
潜在的に元気を出したかったのかもしれません。
(隠れたニーズ・ウオンツ) 
 
 
あなたに【元気】を出してほしくて
ちょっとしたお話でした。
 
 
 
今日も笑顔でがんばってください(^^♪

スポンサーリンク

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 この記事に関連する記事一覧

 コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 

スポンサーリンク

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ